無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「公明党は『加憲』の立場」 漆原・公明党国対委員長 | トップページ | 安保法制懇が検討 集団的自衛権 「豪韓も対象」 »

2013年3月 1日 (金)

武器輸出、大幅に緩和 官房長官談話、F35部品を容認

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000029-asahi-pol

武器輸出、大幅に緩和 官房長官談話、F35部品を容認

 安倍内閣は1日、最新鋭ステルス戦闘機F35の自衛隊導入を機に、国内で製造した部品の輸出を武器輸出三原則の例外として認める官房長官談話を発表した。過去に例外を認める際、官房長官談話に盛り込まれてきた「国際紛争等の助長回避」との文言には触れず、第三国への移転の管理も米国側に委ねる形になり、武器輸出を大幅に緩和した。

 今回の談話では、中東で周辺国と軍事的緊張を抱えるイスラエルがF35を購入するため、「国際紛争等の助長回避」との整合性が焦点だった。日本がF35(米ロッキード・マーチン社製)の国際共同生産に参加すれば、輸出した部品がイスラエル向けの機体に使われる可能性があるためだ。

 これまで三原則の例外を認める場合は、官房長官談話で「国際紛争等の助長回避」との基本理念を盛り込んできたが、今回の談話では「国連憲章を遵守(じゅんしゅ)」との表記にとどまった。

« 「公明党は『加憲』の立場」 漆原・公明党国対委員長 | トップページ | 安保法制懇が検討 集団的自衛権 「豪韓も対象」 »

「国内情勢」カテゴリの記事