無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 大災害時権利制限へ憲法改正を | トップページ | 集団安全保障も議論=普天間県外移設は困難―安倍首相 »

2013年3月11日 (月)

国と東電相手に集団提訴=原発避難者ら1650人―福島地裁など【震災2年】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130311-00000052-jij-soci

国と東電相手に集団提訴=原発避難者ら1650人―福島地裁など【震災2年】

時事通信 3月11日(月)11時54分配信

 東京電力福島第1原発事故で避難や低線量被ばくを余儀なくされたとして、東日本大震災から2年となった11日、周辺住民が国と東電を相手に、慰謝料と原状回復を求め、福島地裁に集団訴訟を起こした。同日午後には、同地裁いわき支部、千葉、東京両地裁にも慰謝料などを求め、避難者らがそれぞれ提訴する予定で、原告は4地裁・支部で計約1650人、請求額は少なくとも約53億6000万円以上になる見通し。弁護団によると、原発事故で国を相手とした集団提訴は初めて。
 福島地裁の提訴には、事故発生当時、福島、宮城、山形、栃木、茨城各県に居住していた800人が参加。このうち、1割が避難指示区域からの避難者という。原告側は放射線量を事故前の状態に戻すことと、戻るまでの間、慰謝料として1人当たり月額5万円の支払いを求める。
 国を被告に加えた理由について、弁護団は「原子力事業は国策として推進されてきた経緯があり、国による事業と同視できる」としている。

« 大災害時権利制限へ憲法改正を | トップページ | 集団安全保障も議論=普天間県外移設は困難―安倍首相 »

原発情勢関連」カテゴリの記事