無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 | トップページ | 政務官「日本固有の領土」=「竹島の日」で記念式典-島根県 »

2013年2月22日 (金)

「驚がく、公然と隣国批判」中国が安倍首相非難

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130222-OYT1T00690.htm?from=top
「驚がく、公然と隣国批判」中国が安倍首相非難

 【北京=五十嵐文】中国外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長は21日夜、安倍首相が米紙ワシントン・ポストのインタビューで中国をけん制する発言を行ったことについて、「驚がくさせられた。一国の指導者がこのように公然と隣国を批判し、地域の対立をあおるのはめったにない」と非難する談話を発表した。

 談話で副局長は「中国は日本に釈明を厳しく求める」とも述べた。

 中国当局は、22日の日米首脳会談で両首脳が、沖縄県の尖閣諸島などをめぐって中国への圧力を強化するメッセージを発することを警戒しており、首相が訪米を前に行ったインタビューでの発言を取り上げてけん制した形だ。

 21日付ワシントン・ポスト紙のインタビューで首相は、中国の海洋進出に関し、「威圧や脅しによってルールを変え、他国の領海や領土を奪うことは出来ないと(中国に)認識させることが重要だ」と強調した。また、中国をけん制するには、日米同盟の強化とアジアにおける米国の存在が「不可欠」だと述べ、日本としても防衛費を増強して中国への懸念を共有する東アジア諸国との連携を深めていく考えを示していた。
(2013年2月22日13時06分  読売新聞)

« 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 | トップページ | 政務官「日本固有の領土」=「竹島の日」で記念式典-島根県 »

「国際情勢」カテゴリの記事