無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 河北新報社説:憲法96条/統治者には拘束が必要だ | トップページ | 同盟強化へ「成果」演出=首相待ち受ける重い宿題 »

2013年2月23日 (土)

日米首脳会談、関税「例外」を容認 TPP交渉参加表明へ

産経=安倍らは、このように日米首脳会談の成果を誇示しますが、今回のオバマ大統領の安倍への態度は、きわめて冷淡なものでした。
首脳会談後の共同記者会見すらやってもらえなかったのです。岸信介の例まで出して、ゴルフのパターを差し出し、
「今度、おじいちゃんたちのようにゴルフしてボクと遊んでね」とねだる姿は、
オバマに見下されているでしょう。オバマは安倍の偏狭なナショナリズム、硬直した極右体質に不安を持っています。
だからこそ、安倍はいっそうTPPでは突っ走らざるを得なくなりました。辺野古も、集団的自衛権(改憲)も、軍事費の増大も、
MDも、ガイドラインの再々改定も、安倍側からこれでもか、これでもか、とすり寄っていかざるを得なくなっています。
危険な動きではありますが、私たちの闘い方によっては、この安倍の野望をくじくことが可能な状況があると思います。(高田)

----------------------------------------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000129-san-pol

日米首脳会談、関税「例外」を容認 TPP交渉参加表明へ
産経新聞 2月23日(土)14時44分配信

 【ワシントン=阿比留瑠比】安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日未明)、ホワイトハウスでオバマ大統領と初めて会談した。両首脳は、米国が主導する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加に際して「全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束するものではない」と確認し、共同声明を発表した。TPP交渉参加条件が、文書として明示されたのも首脳レベルで確認されたのも初めて。日本側がコメなどを念頭に求めてきた関税撤廃の「例外」を事実上認めた内容で、首相は近く交渉参加を正式表明する見通しだ。

 自民党は昨年12月の衆院選で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り交渉参加に反対」と公約していたが、首相は会談後の記者会見で「『聖域なき関税撤廃』が前提でないことが明確になった」と強調した。24日に帰国後、ただちに与党との調整を進める考えで「政府の専権として一任してもらい、なるべく早い段階で決断したい」とも述べた。

 また、会談で首相は「より強い日本は米国にとって利益だ。防衛力強化とともに強い経済再生に取り組む」と主張し、日米同盟の一層の強化を目指す考えを表明した。

 その上で首相は、集団的自衛権の行使容認に向けて検討を始めたことを説明。米軍の早期警戒レーダー(Xバンドレーダー)の日本追加配備、ミサイル防衛(MD)協力の推進、自衛隊と米軍の役割分担を定める「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の再改定も伝えた。宇宙・サイバー分野での日米協力も進展した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題では、首相は「具体的に対応していく」と述べ、日米で合意した名護市辺野古への移設と、嘉手納以南の米軍施設返還とを早期に進めていくことで一致した。

 核実験を強行した北朝鮮に対しては、日米で協力して国連安全保障理事会で追加制裁決議の採択を目指すことで合意したほか、実効性が高い金融制裁に関しても協議した。

 首相は2030年代の原発稼働ゼロを目指した民主党政権の方針に関しては、首相は「ゼロベースで見直す」と表明し、米国産シェールガスの対日輸出許可を求めた。

 安倍政権が進める経済政策「アベノミクス」について大統領は「大胆な政策が日本国民から評価されている」と述べた。

« 河北新報社説:憲法96条/統治者には拘束が必要だ | トップページ | 同盟強化へ「成果」演出=首相待ち受ける重い宿題 »

日米関係」カテゴリの記事