無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣巡る挑戦「容認できず」…首相、中国けん制 | トップページ | 主張/日米首脳会談/「同盟の絆」の危険な内実 »

2013年2月24日 (日)

「強い日本」に関心薄く=TPPにも冷めた視線-米メディア

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
「強い日本」に関心薄く=TPPにも冷めた視線-米メディア

 【ワシントン時事】米主要紙は23日、安倍晋三首相とオバマ大統領の22日の首脳会談を報じたものの、首相がワシントン市内で行った演説で力強く訴えた「強い日本」などに関してはほとんど紹介しなかった。環太平洋連携協定(TPP)をめぐる議論にも冷めた視線が目立った。
 訪米前に安倍首相に単独インタビューしたワシントン・ポスト紙は9面で日米首脳会談に関して報道。ただ、内容の大半はインタビューでの首相発言に中国が反発しているというもので、首脳会談を中心に扱ったものではなかった。「ジャパン・イズ・バック(日本は戻った)」と題した首相演説や記者会見にも触れなかった。
 ニューヨーク・タイムズ紙は7面に「日米、親密な関係を再確認」という見出しの記事を掲載。両首脳が握手する写真を大きく載せたが、「新政策の発表はなく、日本が沖縄県の米軍普天間飛行場移設を加速するかについてさえ、両首脳による公の言及もなかった」と指摘した。
 日本側にとって最大の焦点だったTPPに関しては、日米共同声明の「交渉参加に際し、全ての関税撤廃をあらかじめ約束することを求められない」とした文言を紹介。しかし、記事は「全ての物品が交渉の対象となる」ことに日米が合意したことを強調し、「交渉は日本の政策・慣習に確かな変化をもたらすものでなければならない」(レビン下院議員)といった冷静な発言も併せて伝えている。(2013/02/24-09:19)

« 尖閣巡る挑戦「容認できず」…首相、中国けん制 | トップページ | 主張/日米首脳会談/「同盟の絆」の危険な内実 »

日米関係」カテゴリの記事