無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 8日に有識者会合=集団的自衛権見直し | トップページ | 「参院選、心機一転戦っていく」社民党・又市氏 »

2013年2月 1日 (金)

首相「美しい国、永遠のテーマ」 焦点採録・代表質問

http://www.asahi.com/politics/update/0131/TKY201301310483.html
首相「美しい国、永遠のテーマ」 焦点採録・代表質問
[PR]

 【日本版NSC】

 中曽根弘文氏(自民) 米国の国家安全保障会議をモデルにした常設の「日本版NSC」を速やかに具体化するべきだ。

 安倍晋三首相 複雑・多様化する国際情勢のもと、国益を守り、国民の安全を確保するには外交・安全保障体制の強化が必要不可欠だ。情報の収集、集約、分析機能の充実強化するとともに、日本版NSCについて、あるべき姿を検討の上、設置に向けて積極的に取り組む。

 【美しい国】

 中曽根氏 第1次安倍内閣発足時の所信表明演説で述べた「美しい国」の実現はどうなったのか。

 首相 「美しい国 日本」を目指すことは私の永遠のテーマだ。そのためにこそ、目の前にある数々の危機を突破し、強い日本を取り戻していかなければならない。まずは強い経済を実現することで、額に汗して働けば必ず報われるという、まっとうな社会を築く。

 【憲法改正】

 中曽根氏 自民党は、日本人自らの手で憲法を作るべきだ、との考えから、自主憲法の制定を党是としている。

 首相 自民党の憲法改正草案は、21世紀にふさわしい、あるべき憲法の姿を示したものだ。憲法改正は、まずは、多くの党派が主張する憲法96条の改正に取り組む。

 【景気動向】

 中曽根氏 安倍内閣の経済政策で、株価や為替レートが改善し、さっそく成果があがっている。

 首相 景気は弱い動きとなっているが、一部に下げ止まりもみられる。期待を先取りする形で、株価も回復し始めるなど改善の兆しがみられる。今後これを適切な政策対応で景気回復につなげていく。

 【中国の軍備増強】

 中曽根氏 中国の膨張政策にどう対応するか。

 首相 中国の透明性を欠いた軍事力増強や海洋活動の活発化は、地域の共通の懸念事項だ。こうした中国の動向を引き続き注視し、中国との様々な対話や交流を通じ、透明性向上や国際的な行動規範の順守について働きかけていく。

 【尖閣問題】

 中曽根氏 尖閣諸島では、中国の度重なる領空・領海侵犯をこのまま放置するわけにはいかない。早急に対策を立てるべきだ。

 首相 我が国を取り巻く情勢は厳しさを増している。このような状況に対応し、尖閣諸島周辺海域における専従の警備態勢の確立を始め、国境離党の適切な振興管理、警戒警備の強化に万全をつくし、領土・領海・領空は断固として守り抜く。

 【幼児教育無償化】

 中曽根氏 「未来への投資」として意義のある幼児教育の無償化を行うべきだ。

 首相 幼児期は人格形成の基礎を培う重要な時期であり、この時期に質の高い幼児教育を保証することは極めて重要だ。幼児教育の無償化については関係府省の連携のもと、子供子育て支援制度との関係、財源確保の観点などを踏まえ検討する。

« 8日に有識者会合=集団的自衛権見直し | トップページ | 「参院選、心機一転戦っていく」社民党・又市氏 »

改憲動向」カテゴリの記事