無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 同盟強化へ「成果」演出=首相待ち受ける重い宿題 | トップページ | 尖閣巡る挑戦「容認できず」…首相、中国けん制 »

2013年2月23日 (土)

日本に久々脚光=安定政権に期待-米

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
日本に久々脚光=安定政権に期待-米

 【ワシントン時事】中国の台頭で日本の影が薄くなっていた米国で、安倍晋三首相の訪米は久々に大きな注目を集めた。自らの政権復帰と重ね合わせて「日本復活」を宣言した22日の演説は、アーミテージ元国務副長官ら知日派から盛大な拍手で歓迎された。
 安倍首相の演説を主催した有力シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)関係者によると、参加希望者が予想を大きく上回ったため入場を制限。中国や韓国の記者も参加を希望したが、認められなかったという。
 首相は演説で、「日本は二流国家にはならない」「強い日本を取り戻す」と声高に訴えた。「私の国を頼りにし続けてほしい」とガッツポーズで演説を締めくくると、会場は大きな拍手に包まれた。
 オバマ大統領が会談した日本の首相は、安倍首相で5人目。アジア重視を打ち出すオバマ大統領は、日米同盟をアジア外交・安保の基軸と繰り返し強調しているが、首相が目まぐるしく代わる事態に不満を募らせてきた。
 オバマ政権は、日本の安定政権下での経済回復を強く望んでいる。ブレイナード財務次官が「米国は、成長を取り戻しデフレからの脱却を目指す日本の努力を支持する」と述べ、一部で批判が出ている「アベノミクス」への支持をいち早く表明したのも、その表れだ。
 さらに、22日付の有力紙ワシントン・ポストも社説で、アベノミクスへの理解を示すとともに、日本が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を通じて構造改革を推進し、景気回復を達成することは米国や世界経済全体の利益になるとし、日本の交渉参加を後押しすべきだと主張した。
 これに呼応するように、オバマ大統領は安倍首相との会談で、TPP交渉に関して「聖域なき関税撤廃」が前提ではないことを確認。今年夏の参院選を控え、首相が苦境に陥らないよう最大限の配慮を示した。(2013/02/23-18:46)

« 同盟強化へ「成果」演出=首相待ち受ける重い宿題 | トップページ | 尖閣巡る挑戦「容認できず」…首相、中国けん制 »

日米関係」カテゴリの記事