無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本に久々脚光=安定政権に期待-米 | トップページ | 「強い日本」に関心薄く=TPPにも冷めた視線-米メディア »

2013年2月24日 (日)

尖閣巡る挑戦「容認できず」…首相、中国けん制

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000998-yom-pol

尖閣巡る挑戦「容認できず」…首相、中国けん制

読売新聞 2月24日(日)8時47分配信

 安倍首相は22日(日本時間23日)にワシントンで行った政策演説で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を巡る中国との問題に関し、「挑戦を容認することはできない。我が国の決意に関し、どの国も判断ミスをすべきではない」と述べた。

 質疑応答では「私たち自身の力でしっかりと日本の領土を守っていく」と強調し、中国の挑発行為をけん制した。

 演説は米有力政策研究機関「戦略国際問題研究所(CSIS)」で行われ、リチャード・アーミテージ元国務副長官ら米国の知日派が多数出席した。

 首相は講演で、日米同盟に関し「堅牢(けんろう)ぶりに、誰も疑いを抱くべきではない」と述べた。「日本は二級国家にならない」としたうえで、アジア太平洋地域における法の支配に貢献し、米国や韓国、オーストラリアなど地域の民主主義国家との協力関係を強化する意向を表明した。

 首相は尖閣諸島について、「日本の領土であることは法的にも明らか」と述べた。日本が島を領有した1895年と、中国が領有権を主張しはじめた1971年に言及、「(この間)日本の主権に対する挑戦は誰からもない」として、中国の主張は不当との認識を示した。

 一方で、首相は「問題をエスカレートさせようとは思っていない」と語った。「私の側のドアは、中国指導者のため常に開いている」として対話を呼びかけるなど、硬軟両様で中国に臨む構えを示した。

« 日本に久々脚光=安定政権に期待-米 | トップページ | 「強い日本」に関心薄く=TPPにも冷めた視線-米メディア »

「国際情勢」カテゴリの記事