無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« | トップページ | 東京新聞【社説】週のはじめに考える 科学者よ、屈するな »

2013年2月25日 (月)

橋下氏「憲法96条改正を、民主一部と連携も」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130224-OYT1T01071.htm
橋下氏「憲法96条改正を、民主一部と連携も」

 日本維新の会で共同代表を務める橋下徹・大阪市長は24日、読売新聞の単独インタビューに応じ、夏の参院選を通じて自民、公明、みんなの各党に民主党の一部を加えた勢力で、憲法改正の発議要件を緩和する憲法96条の改正を目指す考えを明らかにした。

 96条は衆参両院で「3分の2以上」の賛成を得て改正を発議できるとしているが、橋下氏はこれを「過半数」に緩和することで、「憲法が変わる可能性があるという環境を整えて初めて真剣な、責任ある憲法論議が展開される」と述べた。

 橋下氏は、民主党が96条改正に対する態度を明らかにしていない点について、「民主党が今の憲法を変えていこうという意識になっていないのであれば、一緒に政治行動を取るのは無理だ」と強調した。同時に、「民主党の中にも、同じ憲法観の人たちがたくさんいらっしゃる。そういう人たちと一緒にまとまっていくべきじゃないかと思っている」とも述べ、民主党の一部議員とは離党を前提に連携できるとの考えを示した。
(2013年2月25日05時59分  読売新聞)

« | トップページ | 東京新聞【社説】週のはじめに考える 科学者よ、屈するな »

改憲動向」カテゴリの記事