無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安倍首相「仲井真知事と信頼関係を作れた」 | トップページ | 海賊対策で日本船に武装警備員 国交省、新法案を今国会提出へ »

2013年2月 4日 (月)

F35、三原則例外に=部品提供で談話発表へ-政府

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
F35、三原則例外に=部品提供で談話発表へ-政府

 政府は、航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米国製ステルス戦闘機F35への国産部品提供を、紛争当事国などへの兵器輸出を禁じた「武器輸出三原則」の例外措置とする方針を固めた。政府関係者が4日明らかにした。菅義偉官房長官の談話の形で発表することを検討しており、今後の国会審議も踏まえて内容を詰める。
 政府は1967年に定めた武器輸出三原則で「紛争当事国かその恐れのある国」への兵器提供を禁止。三原則は野田政権時の2011年12月の官房長官談話で緩和され、「国際紛争の助長回避」という原則を維持しつつ、例外として欧米諸国との国際共同開発・生産への参加などを認めた。
 16年度からの調達が決まっているF35への部品提供について、政府は紛争助長回避の原則に反せず、三原則の例外規定が適用できると判断した。ただ、米国が日本製部品の組み込まれたF35をイスラエルなど紛争の恐れのある第三国に売却しない保証はなく、三原則に抵触する可能性がある。
 このため政府は、新たな官房長官談話で、F35への部品提供は「わが国の安全保障に資する」などとして例外に指定した上で、第三国への輸出については日米間で厳格に管理する方針を打ち出すとみられる。 
 F35は米ロッキード・マーチン社製。日本政府は次期主力戦闘機として、16年度から段階的に計42機を調達する方針だ。主翼などの一部部品は日本企業が製造することで米側と交渉している。(2013/02/04-10:00)

« 安倍首相「仲井真知事と信頼関係を作れた」 | トップページ | 海賊対策で日本船に武装警備員 国交省、新法案を今国会提出へ »

日米関係」カテゴリの記事