無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日韓、危うい「リセット」=「歴史認識重要」とくぎ-朴大統領 | トップページ | 琉球新報社説 RSSicon埋め立て同意申請 「県内ノー」の民意は不変2013年2月27日 »

2013年2月26日 (火)

憲法改正掲げ再始動 保守系議連・創生「日本」 公明に配慮、新規参加は募らず

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130216/stt13021611260001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130216/stt13021611260001-n2.htm

憲法改正掲げ再始動 保守系議連・創生「日本」 公明に配慮、新規参加は募らず
2013.2.16 11:24 (1/2ページ)

 安倍晋三首相が会長を務める保守系の超党派議員連盟「創生『日本』」は15日、国会内で役員会を開き、新たに憲法改正を理念に据える方針を確認した。3月上旬に政権交代後初めての総会を開く。昨年の衆院選で復活した議員を含め100人規模となるが、「安倍別動隊」との批判を避け、憲法改正に慎重な公明党にも配慮するため、新規参加者は募らない方針。政界再編の看板も掲げない静かな再始動となる。

 役員会では、首相の会長続投も確認した。立場上「休会」扱いとするが、首相が議連のトップを続けるのは異例。再始動にゴーサインを出したのも首相で、創生への思い入れの強さがうかがえる。

 創生からは菅義偉官房長官ら9人が入閣するなど、政権入りした幹部も多いが、議連の役職は原則として変更しない。月に1回程度の勉強会を開き、秋に研修会を開催する予定だ。

 創生は「趣旨・理念」を5項目掲げ、その1番目が「民主党政権から一日も早く政権を奪還する」だったが、最大の目的は既に成就した。そこで新たに浮上した柱が憲法改正だ。

 理念には「『戦後レジームからの脱却』に向けた政治の流れを強める」とあったが、憲法改正は明示していなかった。事務局長に就任する萩生田光一衆院議員は役員会後、記者団に「将来の憲法改正の礎になるような議論もしっかりやっていく」と説明した。
創生のメンバーは自民党議員が大半だが維新やみんなの党、新党改革の議員も参加。首相が当面目指す憲法改正要件を定めた96条の改正には維新も賛同する。創生内には、野党も含めたさらなる拡大で憲法改正の環境整備を行う「エンジン役」を期待する声がある。

 ただ、夏の参院選で、憲法改正に慎重な公明党とあわせ過半数獲得を目標とする自民党にとって、創生が参院選前に憲法改正に突き進めば公明党を刺激しかねず、得策とはいえない。

 このため、創生は参加議員の数をあえて抑制。創生幹部によると、自民党の初当選組や維新などの参加希望者の入会を認めれば、約130人となる可能性もあった。役員会では当面「静かなサポート役」に徹することを確認したが、幹部は「参院選に勝てば政治地図は変わり、96条改正という大きなテーマに行く。そのときは拡大するかもしれない」と、将来的な「野望」を口にした。

« 日韓、危うい「リセット」=「歴史認識重要」とくぎ-朴大統領 | トップページ | 琉球新報社説 RSSicon埋め立て同意申請 「県内ノー」の民意は不変2013年2月27日 »

改憲動向」カテゴリの記事