無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝雲寸言2013/2/14付 | トップページ | 96条改正で各党綱引き、参院選後の連携にらみ »

2013年2月18日 (月)

艦艇接近ならレーダー照射も=中国軍幹部が警告

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
艦艇接近ならレーダー照射も=中国軍幹部が警告

 【北京時事】中国戦略文化促進会の羅援・常務副会長(人民解放軍少将)は18日付の人民日報(海外版)に寄稿し、東シナ海で日本の自衛隊艦艇などが中国軍艦艇に警告を無視して接近する場合、「射撃管制用レーダーを照射し、(日本側が)危険な行動に出るなら断固自衛する」と警告した。さらに「防空識別圏設定や警告射撃は日本人の特権ではない」とけん制した。 
 1月30日に中国のフリゲート艦が3キロ離れた海上自衛隊護衛艦に射撃管制用レーダーを照射したことについて、羅氏は「3キロの距離ならレーダーを使う必要がない」などと日本側の主張を改めて否定。「米国人もこのでたらめを信じるなら物笑いになる」と主張した。
 その上で日本の自衛隊艦艇や航空機が中国の艦艇などに接近し活動を妨害しているとし、「軍事的な挑発行為とみなされる」と非難。衝突が起きた場合の責任は「間違いなく日本側にある」と訴えた。(2013/02/18-15:08)

« 朝雲寸言2013/2/14付 | トップページ | 96条改正で各党綱引き、参院選後の連携にらみ »

「国際情勢」カテゴリの記事