無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政務官「日本固有の領土」=「竹島の日」で記念式典-島根県 | トップページ | みんなの党が「論語読書会」 疎い義理人情、意識改革へ »

2013年2月22日 (金)

オバマ政権の対日同調けん制=首相訪米を警戒-中国

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013022200855
オバマ政権の対日同調けん制=首相訪米を警戒-中国

 【北京時事】中国では安倍晋三首相の訪米に警戒する声が高まっている。沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など日中関係に米国が介入することを嫌う中国は、オバマ大統領が日本に同調し、中国への圧力を高める発言を行う可能性を危惧しており、日米首脳会談の行方を注視している。
 中国は安倍政権発足後の外交政策に注目。初の外遊先として南シナ海をめぐり対立するベトナムなど東南アジア各国を訪問すると、中国メディアは「中国包囲網」と非難し、「戦略的な攻勢を仕掛けている」とする論調を繰り広げた。包囲網の背後に米国のアジア重視戦略があるとの見方も根強い。
 1月にクリントン前国務長官が尖閣諸島に絡んで「日本の施政権を害そうとするいかなる一方的な行為にも反対する」と中国をけん制した際には、中国外務省報道官が「強烈な不満と断固たる反対を表明する」と猛然と反発した。
 清華大学当代国際関係研究院の劉江永副院長は人民日報(海外版)への寄稿で、「オバマ大統領が自ら日米安保条約の釣魚島(尖閣諸島の中国名)への適用に言及すれば、日本は中国に『米国カード』を切ったことになる」と指摘。日米中の関係の主導権を日本が握ることになると警鐘を鳴らした。
 21日には安倍首相が米紙のインタビューで中国をけん制する発言をしたことに、外務省の洪磊・副報道局長が「一国の指導者が公然と隣国について歪曲(わいきょく)して攻撃し、地域の国家間の対立をあおるのは異例だ」と真っ向から非難。22日の記者会見でも「中国のイメージをおとしめている」「悪意のある分析」と強い口調で首相批判を繰り広げた。
 22日付の中国各紙はこのニュースを1面で伝えた。共産党機関紙・人民日報は外交専門家の話として「発言は日本外交が『苦境』にあることを米世論に訴え、米国を味方に引きずりこもうとする狙いがある」と分析した。(2013/02/22-19:00)

« 政務官「日本固有の領土」=「竹島の日」で記念式典-島根県 | トップページ | みんなの党が「論語読書会」 疎い義理人情、意識改革へ »

「国際情勢」カテゴリの記事