無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 習総書記「戦えば必ず勝利せよ」=威嚇能力向上指示、尖閣けん制か-中国 | トップページ | 首相、改憲議論に期待感 96条の改正強調 »

2013年2月 7日 (木)

「明らかに一線越えた」橋下氏が防衛力強化主張

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130207/plc13020716250015-n1.htm
「明らかに一線越えた」橋下氏が防衛力強化主張
2013.2.7 16:25

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は7日、中国海軍艦船による海上自衛隊の護衛艦への射撃管制用レーダー照射について「明らかに一線を越えており、本当にとんでもない行為だ。(国によっては)反撃行為をすぐにやっているところだ」と批判した。

 同時に「海上保安庁の装備強化は喫緊の課題だ。日本は海の国なので、海自の強化もしっかりとやらなければならない」と主張した。

 政府に対しては「国際社会の中で、今回のレーダー照射が野蛮な行為だとはっきりさせるため、同じ価値観の国家との外交努力をするべきだ」と注文を付けた。

 事実関係の公表については「安全保障上、ぎりぎりのところでの情報開示で、極めて適切な判断だ」と高く評価した。

« 習総書記「戦えば必ず勝利せよ」=威嚇能力向上指示、尖閣けん制か-中国 | トップページ | 首相、改憲議論に期待感 96条の改正強調 »

「国内情勢」カテゴリの記事