無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権、解釈堅持を=公明代表 | トップページ | 「海上連絡メカニズム」必要性、中国側も認める »

2013年2月 8日 (金)

民主綱領に「憲法」=修正案を大筋了承

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013020800703
民主綱領に「憲法」=修正案を大筋了承

 民主党は8日、綱領検討委員会の総会を党本部で開き、1月にまとめた原案の修正案を執行部が提示した。「憲法の基本精神を具現化する」として、新たに憲法に関する記述を盛り込んだ。冒頭部分に「政権に再挑戦する」とも明記した。修正案は総会で大筋で了承された。文言の調整を経て、24日の党大会で決定される運びだ。 
 憲法の項目は「『国民主権、基本的人権の尊重、平和主義』の基本精神を大切にしながら、象徴天皇制のもと、真の立憲主義を確立するために、国民とともに未来志向の憲法を構想していく」と抽象的な表現にとどめ、改憲の是非には踏み込まなかった。
 修正案は1月30日の総会で出た意見を踏まえ、執行部が作成。憲法の記述と同様に要望が多かった「中道」の文言は、細野豪志幹事長が難色を示し、見送られた。(2013/02/08-16:28)

« 集団的自衛権、解釈堅持を=公明代表 | トップページ | 「海上連絡メカニズム」必要性、中国側も認める »

改憲動向」カテゴリの記事