無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【石原氏の質疑詳報】「暴走老人が戻ってきた」 衆院予算委 | トップページ | 【主張】「敵基地攻撃」発言 報復能力の保持を論じよ »

2013年2月13日 (水)

維新 憲法96条改正案提出目指す

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130213/k10015473521000.html

維新 憲法96条改正案提出目指す

日本維新の会は、国会が憲法改正を発議する要件を定めた憲法96条について、要件を緩和する内容の改正案を今の国会に提出したいとしており、提出に必要な賛同者を確保するため、超党派で協力を呼びかける見通しです。

日本維新の会は、先の衆議院選挙の政権公約で自主憲法の制定を基本方針に掲げていて、石原共同代表は、12日、衆議院予算委員会の集中審議で、「憲法の破棄や改正を含めて、この国を自分自身で守りきるという基本的な法的な体制をつくる必要がある」と述べました。
こうしたなか、維新の会は、国会が憲法改正を発議する要件を定めた憲法96条について、発議の要件を、衆参両院のすべての議員の「3分の2以上の賛成」から「過半数の賛成」に緩和する内容の改正案を、今の国会に提出したいとしています。
憲法96条の改正を巡っては、安倍総理大臣も先月、国会で「多くの党派が主張している」と述べるなどほかの条文に先駆けて優先的に取り組む考えを示していて、維新の会としては、今の国会に改正案を提出することで、憲法改正を巡る国会審議を本格化させるねらいがあります。
ただ、憲法の改正案を国会に提出するためには、衆議院では100人以上、参議院では50人以上の賛同者が必要で、維新の会では、超党派で協力を呼びかける見通しです。

« 【石原氏の質疑詳報】「暴走老人が戻ってきた」 衆院予算委 | トップページ | 【主張】「敵基地攻撃」発言 報復能力の保持を論じよ »

改憲動向」カテゴリの記事