無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「安倍ノート」に教育再生の“宿題”は? | トップページ | 雑記(265)今年も道端に水仙の花が »

2013年2月 2日 (土)

米大統領を国賓として来日招請へ、日米首脳会談で伝達

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130202/plc13020211210009-n1.htm

米大統領を国賓として来日招請へ、日米首脳会談で伝達
2013.2.2 11:19
移民制度改革の必要性について演説するオバマ米大統領=29日、ネバダ州ラスベガス(AP)

移民制度改革の必要性について演説するオバマ米大統領=29日、ネバダ州ラスベガス(AP)

 安倍晋三首相が今月下旬に米ワシントンで予定されている日米首脳会談で、オバマ大統領に国賓としての来日を招請する方向で日米両政府が調整していることが1日、分かった。米大統領の国賓での来日が実現すれば、平成8年の当時のクリントン大統領以来、17年ぶりとなる。

 10月にインドネシアでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が予定されており、オバマ大統領がその際に日本を訪問する可能性がある。

 オバマ大統領は大統領として、平成22年11月の横浜APECの際など、過去2回来日しているが(経由地としての来日は除く)、滞在期間が2~3日と短く、国賓の対象となっていなかった。

 昭和58年にレーガン大統領(当時)が国賓として来日した際は、中曽根康弘首相(同)が別荘の「日の出山荘」に大統領夫妻を招き、日米関係の緊密さをアピールする機会になった。

« 「安倍ノート」に教育再生の“宿題”は? | トップページ | 雑記(265)今年も道端に水仙の花が »

日米関係」カテゴリの記事