無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「海上連絡メカニズム」必要性、中国側も認める | トップページ | 【レーダー照射】中国軍の挑発沈静化 日本政府、「軍独断」の見方 »

2013年2月 9日 (土)

尖閣攻撃の可能性に言及=石破自民幹事長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013020801031
尖閣攻撃の可能性に言及=石破自民幹事長

 自民党の石破茂幹事長は8日、TBSの番組収録で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との対立に関し「尖閣に仮に武力攻撃があったときに、いきなり米国が出てくるかというと、そうではないだろう」と、中国を念頭に武力衝突の可能性に言及した。その上で「まず一義的に日本が対処するのは当たり前の話だ。いきなり日米同盟、安全保障条約が適用されると思わない方がいい」と述べ、日本の主体的な対処が必要だと強調した。 
 また、石破氏は「軍艦や海洋調査船の領海侵犯に対して何ができるか法律が抜けている。その立法は急がなければならない」と語った。(2013/02/08-21:42)

« 「海上連絡メカニズム」必要性、中国側も認める | トップページ | 【レーダー照射】中国軍の挑発沈静化 日本政府、「軍独断」の見方 »

「国際情勢」カテゴリの記事