無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 産経【主張】中国機侵入 領空を守る措置は十分か | トップページ | 安倍政権の行く先<4> 揺らぐ9条 二つの道2012年12月31日 東京新聞 »

2013年1月 1日 (火)

ベアテ・シロタ・ゴードンさん死去 憲法草案作成携わる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000003-asahi-soci

ベアテ・シロタ・ゴードンさん死去 憲法草案作成携わる

朝日新聞デジタル 1月1日(火)2時5分配信
ベアテ・シロタ・ゴードンさん死去 憲法草案作成携わる
拡大写真
取材に答えるベアテ・シロタ・ゴードンさん=2005年4月、東京・新宿

 【ニューヨーク=中井大助】第2次世界大戦後に連合国軍総司令部(GHQ)の一員として日本国憲法の草案作成に携わり、男女平等などの条文を盛り込んだベアテ・シロタ・ゴードンさんが昨年12月30日、膵臓(すいぞう)がんのためニューヨークの自宅で死去した。89歳だった。追悼式などは後日行う。

 長女のニコルさんによると、最期の言葉は日本国憲法に盛り込まれた平和条項と、女性の権利を守ってほしい、という趣旨だった。献花などを希望の場合は代わりに、憲法9条を守るため、作家の大江健三郎さんらが結成した「九条の会」に寄付してほしいという。

 1923年、オーストリア生まれ。著名ピアニストだった父のレオ・シロタさんが東京音楽学校の教授に就任したことをきっかけに29年に来日し、幼少期を日本で過ごした。

朝日新聞社

最終更新:1月1日(火)8時55分

« 産経【主張】中国機侵入 領空を守る措置は十分か | トップページ | 安倍政権の行く先<4> 揺らぐ9条 二つの道2012年12月31日 東京新聞 »

東日本大震災」カテゴリの記事