無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「自公政権で憲法改正できるのか」 維新・石原代表 | トップページ | 集団的自衛権 首相「米大統領と議論」 »

2013年1月13日 (日)

集団的自衛権行使の容認は慎重議論を 公明・山口代表

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/stt13011314410006-n1.htm

集団的自衛権行使の容認は慎重議論を 公明・山口代表
2013.1.13 14:40

 公明党の山口那津男代表は13日、NHKの番組で、安倍晋三首相が集団的自衛権行使の容認を目指していることについて「にわかに変えるべきではない」と述べた。その上で「行使を認めると、日本の領土、領空、領海の外で武力行使を認めることにもつながる。そこに歯止めがなくなることへの十分な議論が必要だ」と述べ、慎重な議論が必要だとの考えを示した。

 原発の新規着工については「国民の理解を到底得られない状況だ」と述べ、再稼働についても「原子力規制委員会の安全基準に合うかどうかを厳格に慎重に判断していくことだ」と慎重な対応を求めた。

 消費税の軽減税率導入については「与党の協議の中軽減税率を導入しようという方向になっていると承知している。導入のあり方については協議者に委ねたい」と述べるにとどめた。

« 「自公政権で憲法改正できるのか」 維新・石原代表 | トップページ | 集団的自衛権 首相「米大統領と議論」 »

集団的自衛権」カテゴリの記事