無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 中国軍機、領空接近 一触即発 配慮裏目に | トップページ | 官邸主導「安倍カラー」推進 政策会議続々立ち上げ »

2013年1月 9日 (水)

防衛安倍色鮮明 11年ぶり予算増へ

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013010902000095.html

防衛安倍色鮮明 11年ぶり予算増へ

2013年1月9日 朝刊

 防衛省は二〇一三年度予算の概算要求で、一二年度より約千二百億円、2・6%増の約四兆七千七百億円を計上した。認められれば、防衛予算は十一年ぶりの増額になる。安倍晋三首相は、就任後はタカ派的な言動を抑え、経済政策を最優先にしているが、防衛分野では「安倍カラー」が鮮明になった。(生島章弘)

 Q 防衛予算の概算要求が増えた理由は。

 A 自民党が衆院選で、自衛隊の人員や装備、予算の拡充を訴え、新たに盛り込まれたからだ。沖縄県・尖閣諸島など領土をめぐる緊張の高まりを受け、安倍晋三首相は「日本の領土、領海は断固として守る」と繰り返してきた。政権を取ったことで、従来の概算要求を白紙にし、公約を実行に移した。米国の新型輸送機MV22オスプレイの購入を検討するための調査・研究費八百万円は象徴的だ。

 Q なぜ防衛予算は減り続けたのか。

 A 国の借金が膨らみ、社会保障費が年々増えていることが大きい。当初予算の比較で防衛予算が減り始めたのは、防衛庁時代の〇三年度。二〇〇〇年代初めは四兆九千億円台だったが、一二年度は四兆六千五百億円と、ピーク時を三千億円ほど下回る規模だ。民主党政権下で昨年九月に行われた一三年度の概算要求では、こうした流れをくみ、前年度比六百二億円減に抑えていた。

 Q 予算増額は、首相が改憲で実現を目指す「国防軍」への布石か。

 A 防衛省は、北朝鮮によるミサイル発射や尖閣を含む南西諸島の防衛など、目の前の課題に素早く対応する体制を整備するためだと説明している。

 ただ、首相は集団的自衛権行使のための憲法解釈変更に意欲を示し、政府は年内にも「安倍カラー」を反映した新たな防衛計画の大綱と、中期防衛力整備計画を策定する見通しだ。今回の予算増額が直接、国防軍に結び付くわけではないが、自衛隊の役割を大きく拡大する第一歩になる可能性は否定できない。

« 中国軍機、領空接近 一触即発 配慮裏目に | トップページ | 官邸主導「安倍カラー」推進 政策会議続々立ち上げ »

「国内情勢」カテゴリの記事