無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 未来、反原発で連携呼びかけ 「オリーブの木」方式で | トップページ | 東京新聞【社説】年のはじめに考える 瀬戸際に立たされる憲法 »

2013年1月 7日 (月)

東京新聞【私説・論説室から】集団的自衛権のトリック

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2013010702000135.html

【私説・論説室から】集団的自衛権のトリック

2013年1月7日

 安倍晋三首相らが憲法で禁じた集団的自衛権行使を容認するべきだと主張する際に持ち出す「自衛艦と並走する米軍艦艇の防御」「米国を狙った弾道ミサイルの迎撃」の二類型は、どう考えてもおかしい。

 日本海海戦のような密集陣形を想像しているのだろうが、現代の艦艇は潜水艦への警戒から点々と散らばり、無防備に並走しない。攻撃に使われるのは魚雷と対艦ミサイル。とくに魚雷は一発で撃沈させる威力があり、ひそかに狙われたら防御どころではない。

 米艦艇と並走するのは洋上補給の場面だが、ここで攻撃されたら自衛艦は集団的自衛権行使を意識するまでもなく、自らの防御のために反撃するだろう。

 米国を狙った弾道ミサイルを迎撃する手段が現状で存在しないことは前の自民党政権当時、久間章生元防衛相が国会答弁している。迎撃できるようになるのは開発中の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」がイージス艦に搭載可能となった後の話である。

 迎撃ミサイルを搭載できるイージス艦は自衛隊に四隻しかないが、米軍は二十六隻保有し、さらに増やす。米政府には自前での対処をお勧めする。

 より大きな疑問は世界中の軍隊が束になってもかなわない米軍にいったいどの国が正規戦を挑むのかという点にある。ありもしない話はレトリック(修辞法)というよりトリック(ごまかし)である。 (半田滋)

« 未来、反原発で連携呼びかけ 「オリーブの木」方式で | トップページ | 東京新聞【社説】年のはじめに考える 瀬戸際に立たされる憲法 »

集団的自衛権」カテゴリの記事