無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 領土防衛の先頭に立つ=安倍首相 | トップページ | 自衛隊法改正、公明も検討へ 邦人保護めぐり »

2013年1月22日 (火)

尖閣棚上げに言及=軍用機飛行、日中が自重を-山口公明代表

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013012100627

尖閣棚上げに言及=軍用機飛行、日中が自重を-山口公明代表

 公明党の山口那津男代表は21日放送された香港・鳳凰衛星テレビ(フェニックス・テレビ)のインタビューで、沖縄県の尖閣諸島をめぐる中国との対立について「将来の知恵に任せるということは一つの賢明な判断だ」と述べ、問題の棚上げに言及した。
 尖閣諸島に関し中国側は、1972年の国交正常化の際、当時の田中角栄首相と周恩来首相が問題を棚上げする共通認識を有していたと主張している。山口氏は安倍晋三首相の親書を携えて22日から訪中。習近平共産党総書記ら要人との会談を調整している。
 山口氏は21日夜、尖閣問題での中国の対応について、仙台市内で記者団に「いわゆる棚上げ論を主張してきた」とした上で、中国要人との会談では「正常化の原点に返りましょう、先人の知恵に学びましょうと申し上げるつもりだ」と述べた。
 また、インタビューで山口氏は、中国機が尖閣周辺の日本領空に侵入し、航空自衛隊機が緊急発進するケースが相次いでいることに関しても「両国の軍用機が島に近づき合うことは、不測の事態を招きかねない」と指摘。「軍用機が入らないことを双方で理解する必要がある」と述べ、日中が飛行を自重する取り決めが必要だとの認識を示した。 (2013/01/21-21:37)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013012200368

菅官房長官、公明代表発言を問題視せず=石破氏は批判

 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、公明党の山口那津男代表が沖縄県の尖閣諸島をめぐる問題の棚上げに言及したことについて「山口氏は『尖閣諸島はわが国固有の領土で、領土問題は存在しない』と言っている。従来通り(の立場)だ」と述べ、問題視しない考えを示した。
 一方、自民党の石破茂幹事長は会見で「日本政府として一度も棚上げを是認したことはない。棚上げする理由はどこにも存在しない」と批判。山口氏が尖閣諸島周辺空域の飛行を自重する日中両国の取り決めが必要と主張したことに関しても、「わが国固有の領土で実効支配をしている空域に、わが国の飛行機や軍用機が近づかないのは極めて難しい」と反論した。 (2013/01/22-12:12

« 領土防衛の先頭に立つ=安倍首相 | トップページ | 自衛隊法改正、公明も検討へ 邦人保護めぐり »

「国際情勢」カテゴリの記事