無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 空挺団降下始め 離島防衛を初想定 | トップページ | 集団的自衛権行使の容認は慎重議論を 公明・山口代表 »

2013年1月13日 (日)

「自公政権で憲法改正できるのか」 維新・石原代表

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/stt13011312040003-n1.htm

「自公政権で憲法改正できるのか」 維新・石原代表
2013.1.13 12:03 [日本維新の会]

 日本維新の会の石原慎太郎代表は13日のNHK番組で、自民党が衆院選で公約に掲げた憲法改正について「公明党は非常に躊躇している。自公連立政権で、一番大事な憲法の改正ができるのか」と疑問を示した。

 安倍晋三首相から政権運営への協力を求められた場合の対応に関しては「どう出るかはこれから決める」と述べるにとどめた。

 一方、民主党については「中選挙区制度であれば自民党から出たような候補者もいれば、労働組合べったりの政治家もいる。これらは水と油の存在だ」と指摘した上で、「民主党は分裂すると思う」との見方を示した。

« 空挺団降下始め 離島防衛を初想定 | トップページ | 集団的自衛権行使の容認は慎重議論を 公明・山口代表 »

改憲動向」カテゴリの記事