無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権の行使を=日米同盟強化で尖閣は守れる-岡崎元駐タイ大使インタビュー | トップページ | 「自公政権で憲法改正できるのか」 維新・石原代表 »

2013年1月13日 (日)

空挺団降下始め 離島防衛を初想定

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/plc13011314440005-n1.htm

空挺団降下始め 離島防衛を初想定
2013.1.13 14:41

 国内で唯一の落下傘部隊の陸上自衛隊第1空挺団(千葉県船橋市)による毎年恒例の降下訓練始めが13日、習志野演習場(同市など)で行われた。今年は離島防衛を念頭に置いた訓練を初めて実施。小野寺五典防衛相やアメリカ軍関係者も視察に訪れた。

 演習場を敵が占領した島に見立てた。海岸近くの着水に備え、救命胴衣など最大80キロの装備を装着した隊員が次々と降下。想定のもと、海自や空自の支援を受けた隊員らが、海上輸送で到着した後続部隊とともに島を奪い返した。

 例年は、本土に侵入した敵部隊の背後に降下する想定。中国船の領海侵犯などで沖縄県近海で緊張が高まる中、現実的な脅威に備える狙いがある。

« 集団的自衛権の行使を=日米同盟強化で尖閣は守れる-岡崎元駐タイ大使インタビュー | トップページ | 「自公政権で憲法改正できるのか」 維新・石原代表 »

「国内情勢」カテゴリの記事