無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本の集団的自衛権行使 米から実現迫る声相次ぐ 狙いは“血を流す”同盟 | トップページ | 辺野古埋め立て、首相訪米前申請 沖縄知事へ2月にも »

2013年1月11日 (金)

安倍首相「尖閣、断固守る」=日中、戦略互恵で改善

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013011100246
安倍首相「尖閣、断固守る」=日中、戦略互恵で改善

 安倍晋三首相は11日午前の記者会見で、沖縄県の尖閣諸島について「海と領土を断固として守っていく姿勢にいささかも変わりはない。この問題で(中国と)交渉する余地はない」と強調した。その上で「戦略的互恵関係に立ち戻って、日中関係を改善していきたい」と述べた。
 首相は、尖閣国有化を受けて中国で多発した反日デモを念頭に「中国の経済、社会に貢献している日系企業や、邦人に被害を与えることは、国際社会で責任ある国家として間違っている」と厳しく非難した。
 就任後初の外遊として16日から東南アジア3カ国を訪問する意義については「大きな経済圏として伸びていく東南アジア諸国連合(ASEAN)と連携を深め、経済だけでなく、エネルギーや安全保障分野でも協力を深めたい」と強調。訪問に際し、安倍政権のアジア外交の考え方を示す方針を明らかにした。 
 夏の参院選に関しては「自民、公明両党で安定した政権を取り、衆参で過半数を目指し、強い日本を取り戻すという基本的な考え方にまったく変わりはない」と述べた。(2013/01/11-11:27)

« 日本の集団的自衛権行使 米から実現迫る声相次ぐ 狙いは“血を流す”同盟 | トップページ | 辺野古埋め立て、首相訪米前申請 沖縄知事へ2月にも »

「国際情勢」カテゴリの記事