無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「未来志向の安倍談話」検討=有識者で素案策定-菅官房長官 | トップページ | 防衛省、予算1千億円上積みへ 中国軍拡念頭に態勢強化 »

2013年1月 5日 (土)

自衛権見直し「何年もかけぬ」=菅義偉官房長官に聞く

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013010400923
自衛権見直し「何年もかけぬ」=菅義偉官房長官に聞く

 -環太平洋連携協定(TPP)交渉への対応は。
 「聖域なき関税撤廃を前提条件とする交渉には参加しない」が基本だ。全ての関税撤廃が条件なら交渉の余地はない。実際どうなのか省庁から話を聞く。
 -集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈を変更する時期は。
 第1次安倍内閣当時の有識者会議の報告は4分類だったが、日本を取り巻く環境も変わっているので、もう一度(メンバーの)皆さんを中心に検討してもらいたい。何年もかけてやるべきことではない。
 -日本版NSC(国家安全保障会議)創設に向け有識者会議を設置するのか。
 有識者の懇談会を立ち上げる。そんなに時間をかけるべきではないと思っている。
 -米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題にどう取り組むか。
 日米間で(同県名護市)辺野古移転を決めている。(県外移設を求める)沖縄県民の感情はあるが、政府の姿勢を本当に説明させてもらいながら、何とか理解を求め、進めていきたい。
 -1993年の河野談話見直しにどう取り組むか。
 私から有識者に意見を聞いてみようと思っている。(有識者会議新設は)考えていない。
 -談話見直しは日韓関係に影響するのでは。
 政治・外交問題にするつもりは全くない。
 -95年の村山談話をどう扱うか。
 そこは引き継いでいく。同時に21世紀にふさわしい、未来志向の新たな談話を考えたい。有識者を中心とする懇談会をつくり、その(素案の)方向性を受けながら考えていきたい。
 -新談話は村山談話と矛盾するか。
 そういうことも含め、有識者に検討してもらう。未来志向を重点にしたものが、アジアの安定、平和、経済を考えたときに必要だろうと判断した。
 -韓国のソウル高裁が靖国神社に放火した中国人容疑者の日本引き渡しを認めなかった。
 極めて遺憾だ。ただ、そうした問題を乗り越えて(韓国と)友好関係を築き上げたい。
 -日銀総裁人事への対応は。
 円高、デフレ脱却が最優先。それにふさわしい方を人選する。野党に根気強く、粘り強く考え方を説明し、何とか(国会同意人事案に)賛同してもらえる努力をしたい。
 -官僚出身者を排除するか。
 安倍晋三首相の考え方に理解を示す方が優先になる。最初からふるいにかけるべきではない。
 -原発再稼働をどう判断するか。
 安全第一が基本だ。(原子力規制委員会に安全)基準に合っているかどうか調べてもらい、その上で再稼働するかどうかを政府が判断する。(2013/01/04-20:58)

« 「未来志向の安倍談話」検討=有識者で素案策定-菅官房長官 | トップページ | 防衛省、予算1千億円上積みへ 中国軍拡念頭に態勢強化 »

「国内情勢」カテゴリの記事