無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 民主「次の内閣」が発足=党再生本部も設置 | トップページ | 政権の本気度カギ 森本前防衛相インタビュー »

2012年12月29日 (土)

日米印豪で安保協力…安倍首相、対中改善へ布石

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121228-OYT1T01509.htm
日米印豪で安保協力…安倍首相、対中改善へ布石

インタビューに答える安倍首相(28日、首相官邸で)

 安倍首相は28日、首相官邸で読売新聞の単独インタビューに応じ、安倍政権の外交方針として、台頭する中国を念頭に、日米同盟を基軸としつつインドや豪州などとの安全保障面での協力を推進する方針を表明した。

 ロシアやアジア各国との連携強化が、冷え込んだ日中関係の修復につながるとの判断がある。来年1月にも行う日米首脳会談で、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加問題を協議する意向も示した。〈「価値観外交」重視2面、関連記事4面〉

 首相はインタビューで、外交方針に関し、「日米同盟関係が基軸だ」と述べた。

 日中関係については、「日本と価値を共有する国、ベトナムなど戦略的に重要な国と信頼関係を構築することで、(日中関係も)新たな展開を開くことができると考えている」と語った。中国を取り巻く国との関係を強化することで、中国に日本との関係改善を促す狙いがある。具体的には、海上自衛隊とインド海軍が今年、共同訓練を行ったことを踏まえ、「安全保障の協力を日米印に発展させていってもいい。日米豪(の協力)も、地域の安定に資する。インドネシアとも、協力を約束していると言ってもいい。地域のパワーバランスを回復させることが大切だ」と強調した。
(2012年12月29日09時19分  読売新聞)

« 民主「次の内閣」が発足=党再生本部も設置 | トップページ | 政権の本気度カギ 森本前防衛相インタビュー »

「国際情勢」カテゴリの記事