無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣問題「断固日本と闘争」=共産党機関紙に文章-中国外相 | トップページ | 産経【主張】衆院選あす投票 再生託す担い手はだれか 憲法を軸に国家観見極めよ »

2012年12月15日 (土)

「みっともない憲法、はっきり言って」安倍・自民総裁

http://www.asahi.com/politics/update/1214/TKY201212140595.html
「みっともない憲法、はっきり言って」安倍・自民総裁

■安倍晋三・自民党総裁

 日本国憲法の前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と書いてある。つまり、自分たちの安全を世界に任せますよと言っている。そして「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う」(と書いてある)。

 自分たちが専制や隷従、圧迫と偏狭をなくそうと考えているわけではない。いじましいんですね。みっともない憲法ですよ、はっきり言って。それは、日本人が作ったんじゃないですからね。そんな憲法を持っている以上、外務省も、自分たちが発言するのを憲法上義務づけられていないんだから、国際社会に任せるんだから、精神がそうなってしまっているんですね。そこから変えていくっていうことが、私は大切だと思う。(ネット番組で)

http://www.asahi.com/politics/update/1209/TKY201212090247.html?ref=reca
「日本を衰弱・孤立させた要因は憲法」維新・石原代表
[PR]

■石原慎太郎・日本維新の会代表

 (選挙後の自民党との連携は)そりゃ当然、是々非々でしょうね。ただ、やっぱり自民党っていうのは、一番大きな政治イシューである憲法を、どこまでどういう風に変えるか。共闘(関係)である公明党が、かなりリラクタント(渋っている)なんじゃないですか。この問題は、やっぱり諸悪の根源。日本を衰弱させて、孤立させた一番大きな要因。国民の意思まで低下させた憲法っていう醜悪な法律ですよ、私から言わせると。(フジテレビの報道番組で)

« 尖閣問題「断固日本と闘争」=共産党機関紙に文章-中国外相 | トップページ | 産経【主張】衆院選あす投票 再生託す担い手はだれか 憲法を軸に国家観見極めよ »

改憲動向」カテゴリの記事