無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 未来と社民が選挙協力=脱原発、反TPPに向け【12衆院選】 | トップページ | 「即時原発ゼロを提案」 共産・志位委員長が第一声 »

2012年12月 4日 (火)

「憲法9条絶対に変えさせない」 社民・福島党首が第一声

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121204/elc12120413120088-n1.htm

【衆院選公示】
「憲法9条絶対に変えさせない」 社民・福島党首が第一声
2012.12.4 13:10
衆院選が公示され、第一声を上げる社民党の福島瑞穂党首=4日午前9時53分、福島県会津若松市

衆院選が公示され、第一声を上げる社民党の福島瑞穂党首=4日午前9時53分、福島県会津若松市

 社民党は生活再建、命を大切にする政治を実現する。選挙の争点は三つある。格差是正か格差拡大か。脱原発か原発推進か。憲法を生かすのか憲法改悪か。それが問われる選挙だ。

 格差拡大につながる消費税増税、環太平洋連携協定(TPP)参加に反対する。雇用が壊されており、非正規雇用の正社員化などを実現していく。雇用を立て直し、生活を立て直す。

 社民党は全国の原発に行き、事故以前からぶれずに脱原発を目指し再稼働に反対してきた。脱原発基本法を成立させ、脱原発を確実に実現する。

 大震災を経た日本で生存権、幸福追求権、平和的生存権など今こそ憲法の価値を生かしていくことが必要だ。戦争をしない、と決めた憲法9条を絶対に変えさせない。(福島県会津若松市)

« 未来と社民が選挙協力=脱原発、反TPPに向け【12衆院選】 | トップページ | 「即時原発ゼロを提案」 共産・志位委員長が第一声 »

「国内情勢」カテゴリの記事