無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 公明・山口氏「9条改正なら慎重に」 改憲論議にクギ | トップページ | 小沢一郎氏「憲法改正と政策は別の話」 »

2012年12月12日 (水)

北朝鮮、長距離ミサイル発射=沖縄上空通過、フィリピン沖に落下-破壊措置実施せず

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012121200261
北朝鮮、長距離ミサイル発射=沖縄上空通過、フィリピン沖に落下-破壊措置実施せず

 政府は12日、北朝鮮が午前9時49分ごろ、「人工衛星」の打ち上げと称して準備を進めていた長距離弾道ミサイルを発射したと発表した。ミサイルは西部の東倉里の発射場から発射され、黄海上空から10時1分に沖縄県上空を通過。10時5分にフィリピンの東約300キロの太平洋上に落下した。沖縄県の全自治体には全国瞬時警報システム(Jアラート)で通報された。自衛隊の破壊措置は発動されなかった。日米韓は北朝鮮への制裁強化を目指す方針で、北朝鮮をめぐる東アジア情勢は再び緊張局面を迎えた。
 防衛省によると、発射ミサイルは北朝鮮が予定した三つの区域にそれぞれ落下したと推定される。沖縄県に被害が出たとの情報はない。また日本領土内への落下は確認されていない。政府は「わが国を含む地域と安定を損なう行為。容認できるものではなく、厳重に抗議する」と北朝鮮を非難した。
 ミサイル発射はまず、米早期警戒衛星が9時52分に把握。その後自衛隊のレーダーで確認された。
 北朝鮮の朝鮮中央通信は「人工衛星」の軌道投入に成功したと発表。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)によると、何らかの物体が軌道に投入されたとみられる。ロケット「銀河3」による衛星「光明星3」2号機の発射に成功したとしている。「銀河3」はテポドン2号の改良型と類似したタイプ。朝鮮中央テレビも同様の内容を伝え、国内向けに「衛星打ち上げ成功」を宣伝した。(2012/12/12-13:34)

« 公明・山口氏「9条改正なら慎重に」 改憲論議にクギ | トップページ | 小沢一郎氏「憲法改正と政策は別の話」 »

「国際情勢」カテゴリの記事