無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米同盟「強化」前面に 安倍総裁、関係立て直し重視 | トップページ | 海保が尖閣専従部隊 対中、11管の巡視船増強 »

2012年12月23日 (日)

中国機が尖閣諸島に接近 航空自衛隊が緊急発進

http://www.asahi.com/politics/update/1222/TKY201212220850.html
中国機が尖閣諸島に接近 航空自衛隊が緊急発進

 防衛省は22日、中国国家海洋局のプロペラ機が同日正午ごろ、尖閣諸島の北方約100キロの空域まで接近したと発表した。日本が設定する「防空識別圏」に入っており、沖縄県の那覇基地から航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させて対応した。

 尖閣諸島周辺では、13日に中国国家海洋局のプロペラ機が魚釣島の南約15キロの日本の領空を初めて侵犯した。防衛省によると、今回、スクランブルの対象となった中国機も同型の輸送機という。領空侵犯を許した反省から、自衛隊は早期警戒機などを使って南西空域の警戒を強めていた。今回は自衛隊のレーダーで中国機を捕捉したという。

« 日米同盟「強化」前面に 安倍総裁、関係立て直し重視 | トップページ | 海保が尖閣専従部隊 対中、11管の巡視船増強 »

「国際情勢」カテゴリの記事