無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「憲法9条絶対に変えさせない」 社民・福島党首が第一声 | トップページ | 維新公約、最低賃金「廃止」を「改革」に変更 »

2012年12月 4日 (火)

「即時原発ゼロを提案」 共産・志位委員長が第一声

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121204/elc12120413000084-n1.htm衆院選公示】
「即時原発ゼロを提案」 共産・志位委員長が第一声
2012.12.4 12:56
衆院選公示で、第一声を発する日本共産党の志位和夫委員長=4日午前、新宿駅西口

衆院選公示で、第一声を発する日本共産党の志位和夫委員長=4日午前、新宿駅西口

 いよいよ日本の歴史を変える総選挙がきた。今度こそ、政治を変えたいのが、国民の思いではないか。米国言いなり、財界中心のゆがみを正し、本物の改革に踏み出す全力の戦いをする。9議席を18議席以上に倍増を目指す。消費大増税や原発再稼働は民主党のみじめな失敗だ。日本経済と消費税増税は争点となる。

 二つの提案をする。一つは消費大増税の中止だ。国民から13・5兆円を奪うと税収ももっと落ち込む。東日本大震災被災地復興の最大の障害になる。増税法は国会で強行採決されたが、国民は一度も賛成していない。民主、自民、公明各党に厳しいノーの審判を下そう。即時原発ゼロを提案している。原発を止めたまま廃炉にするのが一番現実的な方法だ。1票を入れても安心な党が共産党だ。(東京・新宿)

« 「憲法9条絶対に変えさせない」 社民・福島党首が第一声 | トップページ | 維新公約、最低賃金「廃止」を「改革」に変更 »

「国内情勢」カテゴリの記事