無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« オスプレイ“合意守らず”318件 | トップページ | 韓国、沖縄トラフまで大陸棚拡張求める 国連に境界案提出  »

2012年12月26日 (水)

「強い日本」に期待感も=中国けん制で-東南アジア

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012122600459
「強い日本」に期待感も=中国けん制で-東南アジア

 【ジャカルタ時事】安倍新内閣の発足に関し、東南アジア各国からは、台頭する中国をけん制するため「強い日本」を期待する声が聞かれる一方、日中対立で域内の安定が脅かされることへの懸念も強い。
 南シナ海の領有権問題で中国と対立するフィリピンは、日本が中国の対抗勢力として軍事力を強化することを歓迎する立場。インドネシア英字紙ジャカルタ・ポストは最近の社説で「安定・繁栄する日本は、域内の安全保障と力の均衡のために非常に重要だ」と指摘した。
 一方で、第2次大戦中に日本軍に占領された国は日本の軍事力強化に警戒感も根強い。また、南シナ海問題をめぐり東南アジア諸国連合(ASEAN)内では、中国をこれ以上刺激したくない国々とフィリピンなどとの亀裂が深まっており、「域外国にこれ以上事を荒立てられたくない」と感じている国があるのも事実だ。(2012/12/26-14:26)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012122600453
日中対立深刻化に懸念も=安倍政権発足で欧州諸国

 【パリ時事】26日発足の安倍新政権について、欧州諸国には沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題で日本が強硬姿勢に傾き、「中国との対立が深刻化する」(英紙タイムズ)可能性を懸念する声が上がっている。
 フランス紙ルモンドは総選挙後、領土や歴史問題での自民党の強硬姿勢と中国の反日運動を取り上げ、「日中両国の演じている危険なゲームが、より重大な事件を引き起こすリスクがある」と警告。英紙ガーディアンは「タカ派で保守」の安倍晋三氏の政権返り咲きで、東アジア諸国が「緊張と対立の時代」に備え始めたと伝えた。
 一方、ドイツのメルケル首相は総選挙後、「日本の政治の安定を期待する」と指摘。日本で毎年のように首相が交代し、首脳間の安定した関係を築きづらいことへのいら立ちをのぞかせた。
 欧州連合(EU)各国は11月末、日本との経済連携協定(EPA)交渉開始で合意。来年1~6月にEU議長国を務めるアイルランドのギルモア副首相は「(EPA)交渉前進に向け、日本の新政権と一緒に仕事できることを喜んでいる」と述べており、交渉では安倍政権に「非関税障壁」撤廃を働き掛けていく方針だ。(2012/12/26-14:18)

« オスプレイ“合意守らず”318件 | トップページ | 韓国、沖縄トラフまで大陸棚拡張求める 国連に境界案提出  »

「国際情勢」カテゴリの記事