無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 維新「自民と連立も」 石原代表 憲法改正が前提 | トップページ | 【衆院選】割り込めるか第三極 石原氏「憲法改正」条件に政権参画も »

2012年12月 5日 (水)

自民との連立に消極的=部分連合は排除せず-維新幹事長【12衆院選】

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
自民との連立に消極的=部分連合は排除せず-維新幹事長【12衆院選】

 日本維新の会の松井一郎幹事長は5日の記者会見で、石原慎太郎代表が自民党との連立に前向きな考えを示したことについて、「連立で内閣に入るなんてことは代表も考えていない。政治の世界に妥協は必要かもしれないが、譲れないところもいっぱいある」と述べ、消極的な姿勢を示した。
 石原氏は4日に自民党との連立に関し「できると思う」と発言したが、党としての見解ではないとの立場を示したものだ。ただ、松井氏は「いかに自分たちが出した政策を実現できるか、そのための行動はしていく」とも語り、政策ごとに協力する「部分連合」は排除しなかった。 
 また、松井氏はインターネットを利用した選挙運動について「何でいけないのか分からない」と述べ、公職選挙法を改正して解禁すべきだと主張した。維新の橋下徹代表代行は、衆院選期間中もツイッターを活用して情報発信している。(2012/12/05-16:08)

« 維新「自民と連立も」 石原代表 憲法改正が前提 | トップページ | 【衆院選】割り込めるか第三極 石原氏「憲法改正」条件に政権参画も »

「国内情勢」カテゴリの記事