無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣に安保適用「断固たる反対」=領土問題介入をけん制-中国 | トップページ | 政権再交代:「悲願」の改憲へ 自民、地固め まずは96条「発議要件」緩和 »

2012年12月24日 (月)

尖閣・竹島も慎重…安倍氏、靖国参拝見送り意向

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121223-OYT1T00513.htm
尖閣・竹島も慎重…安倍氏、靖国参拝見送り意向

 安倍政権は、政策の遂行も安全運転に徹する構えだ。

 自民党は衆院選の政権公約を詳細に説明した「J―ファイル」で、沖縄県の尖閣諸島に「公務員を常駐」などと明記している。

 しかし、安倍氏は22日、山口県長門市で記者団に、「『検討する』と何回も申し上げてきた。『検討する』ことに変わりはない」と述べた。党の考えは一貫していると強調しつつ、公務員の常駐など尖閣諸島の実効支配強化策は当面「検討」にとどめ、関係が冷え込んでいる中国を刺激しない考えをにじませたものだ。

 安倍氏はJ―ファイルで「政府主催で2月22日の『竹島の日』に式典を開催」としたことについても、「慎重に考えたい」とトーンダウンさせている。日韓両国の首脳交代が、竹島問題で悪化した関係を修復する好機になるとみているためだ。

 靖国神社への参拝に関しても、安倍氏は総裁就任直後の10月、秋季例大祭に合わせて参拝したが、来年の春季例大祭での参拝は見送る意向だ。
(2012年12月23日19時36分  読売新聞)

« 尖閣に安保適用「断固たる反対」=領土問題介入をけん制-中国 | トップページ | 政権再交代:「悲願」の改憲へ 自民、地固め まずは96条「発議要件」緩和 »

「国内情勢」カテゴリの記事