無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 都知事選:党首らも続々集結…告示 | トップページ | 「継承」対「脱石原」=新銀行、五輪など争点-「首都の顔」交代へ・都知事選 »

2012年11月29日 (木)

維新、自主憲法制定

http://www.asahi.com/politics/update/1129/OSK201211290048.html
原発、30年代までにフェードアウト 維新の政権公約

 日本維新の会の石原慎太郎代表と橋下徹代表代行(大阪市長)は29日午後、東京都内で記者会見し、総選挙の政権公約「骨太2013~2016」を発表した。原発政策は旧太陽の党との合流で後退していた「脱原発依存」を明記する一方、これまで「改正」の表現にとどめていた憲法で石原氏の持論の「自主憲法の制定」を盛り込むなど、両氏の主張に配慮した。

 会見で石原代表は「硬直した中央官僚体制を壊す」、橋下代行は「具体的な工程表や官僚が出すようなものは示していない。センターピン(中核)になるものだけを出した」などと述べた。

 公約は「日本を賢く強くする~したたかな日本~」と題し、経済・財政▽社会保障▽国家システム▽エネルギー供給体制▽外交安全保障で構成。自主憲法制定は基本方針に明記され、首相公選制、参院廃止に加えて憲法改正を実現する96条改正なども盛り込んだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112900056
日本維新の会 公約要旨【12衆院選】

 日本維新の会が29日未明に発表した衆院選公約の要旨は次の通り。
 【基本方針】維新八策の価値観、理念に基づき、日本を賢く強くする▽少子・「超」高齢化社会を生き延びる、したたかな日本を構築▽自主憲法を制定
 【経済・財政】公共工事拡大路線とは異なる経済成長を目指す(名目成長率3%以上、物価上昇率2%)▽政府と日銀の間で物価安定目標に関するアコード(政策協定)を締結。日銀法改正により政府と日銀の役割分担・責任の所在を明確化▽環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加。ただし、国益に反する場合は反対▽法人税減税、再投資税額控除制度導入で企業の国際競争力を確保▽所得税減税で消費を活発化▽女性雇用率、高齢者雇用率を設定
 【社会保障】年金制度を再構築、高齢者雇用を創出▽年金目的の特別相続税を創設▽公的年金制度を賦課方式から積み立て方式へ移行▽歳入庁を創設▽公的年金制度で世代別勘定区分を設置▽納税者番号制度を導入
 【国家システム】道州制に移行▽地方共有税を創設、消費税を地方税化▽人事権、予算編成権、組織編成権を内閣に一元化▽自治体首長と参院議員の兼職禁止規定を廃止▽憲法96条を改正し、首相公選制、参院廃止を実現▽衆院議員定数を3割から5割削減▽個人献金を促し、企業団体献金を禁止▽教育委員会制度の廃止を含め、教育制度を改革▽無駄に内閣メンバー、政府組織を拘束しない▽首相が年に100日は海外に行ける国会運営
 【エネルギー】先進国をリードする脱原発依存体制を構築▽原発政策のルールを厳格化▽電力市場を自由化▽発送電を分離▽結果として既設の原発は2030年代までにフェードアウト(消失)
 【外交・安全保障】実質的な防衛費GDP1%枠を撤廃▽日米同盟を深化▽尖閣諸島について中国に国際司法裁判所への提訴を促す▽集団的自衛権の行使や領海統治などを定める国家安全保障基本法を整備▽海上保安庁の警備力強化、自衛隊の武器使用基準を見直し▽相互依存関係に基づき外交・安全保障戦略を構築(2012/11/29-12:06)

« 都知事選:党首らも続々集結…告示 | トップページ | 「継承」対「脱石原」=新銀行、五輪など争点-「首都の顔」交代へ・都知事選 »

改憲動向」カテゴリの記事