無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(261)九条スカーフを買ってくれたかたからの葉書 | トップページ | 【正論】駒沢大学名誉教授・西修 「二院制」見直す改憲案の審議を »

2012年11月 2日 (金)

橋下氏:「第三極のボスは石原さん」 たちあがれに不信感

http://mainichi.jp/select/news/20121102k0000m010085000c.html

橋下氏:「第三極のボスは石原さん」 たちあがれに不信感

毎日新聞 2012年11月01日 21時24分(最終更新 11月01日 21時49分)

 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は1日、新党設立を表明している石原慎太郎前東京都知事について「第三極のボスは石原さんだ」と述べ、次期衆院選での中心的役割を期待する考えを示した。一方、石原氏が新党の母体と想定する、たちあがれ日本については「全く政治感覚が合わない」と強い不信感を示した。

 たちあがれ日本の藤井孝男参院代表が先月の会見で「橋下氏が石原氏に、第三極の大連合の共同代表に就任するよう要請した」と述べたことについて、橋下氏は「話題に上がったことはあるが、僕から持ちかけたことはない」と改めて否定。たちあがれ側から1日に秘書を通じて謝罪があったと明らかにした。

 石原氏については「首相候補という話はしていないが、第三極のシンボルなのは間違いない」と強調。「石原さんの力は借りたいが、たちあがれ日本の力は必要ない」と述べる一方、政策協議の要請があれば応じる意思を示した。【茶谷亮】

« 雑記(261)九条スカーフを買ってくれたかたからの葉書 | トップページ | 【正論】駒沢大学名誉教授・西修 「二院制」見直す改憲案の審議を »

「国内情勢」カテゴリの記事