無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ダライ・ラマ:参院議員会館で講演 議員135人が出席 | トップページ | 「本当にしゃくにさわる」と米倉経団連会長 TPP問題で経済界から反発相次ぐ »

2012年11月13日 (火)

「暴走老人」石原氏、太陽の党結成…民自に対抗

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121113-OYT1T00988.htm?from=top
「暴走老人」石原氏、太陽の党結成…民自に対抗

 石原慎太郎前東京都知事は13日夕、都内のホテルで記者会見し、新党「太陽の党」の結成を発表した。

 石原氏と平沼赳夫元経済産業相が共同代表に就任した。石原氏は記者会見で「この国はもっとしたたかに、強くなれる。(日本は)それができると思うし、しなければならない」と決意を語った。

 新党は、平沼氏が代表を務める、たちあがれ日本を母体に結成された。石原氏は民主、自民の2大政党に対抗する「第3極」の結集を目指しており、日本維新の会(代表・橋下徹大阪市長)などとの連携に意欲を示している。

          ◇

 会見で、石原氏は「太陽の党は一過性に過ぎない。選挙前に必ず大同団結する」と第3極の結集に意欲を見せた。

 会見の冒頭、「暴走老人の石原であります」と切り出した石原氏は、「心の通う同志と、国のために働かないといけないと決心した」と述べた。

 また、次期衆院選について、石原氏は「自民、公明で過半数は許せない」とも述べた。
(2012年11月13日17時37分  読売新聞)

« ダライ・ラマ:参院議員会館で講演 議員135人が出席 | トップページ | 「本当にしゃくにさわる」と米倉経団連会長 TPP問題で経済界から反発相次ぐ »

「国内情勢」カテゴリの記事