無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 都知事選:原発政策アピール合戦 新銀行、五輪で温度差 | トップページ | 北朝鮮ミサイル予告、中国の再三の説得実らず »

2012年11月30日 (金)

小沢氏“脱原発で新政権樹立目指す”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121129/k10013855051000.html

小沢氏“脱原発で新政権樹立目指す”

国民の生活が第一の小沢代表は水戸市であいさつし、来月の衆議院選挙について、合流する「日本未来の党」の代表を務める滋賀県の嘉田知事を先頭に、脱原発などで一致する勢力で過半数を獲得し、新たな政権の樹立を目指す考えを示しました。

この中で小沢代表は「嘉田知事の考えは、基本的に私たちが目指す政策と一致しており、この人ならば、将来必ず国政の政治家としてリーダーとして立派にやっていけると以前から思っていた」と述べました。
そのうえで小沢氏は、来月の衆議院選挙について、「嘉田氏を先頭に立てて、私も精いっぱい全国民にお願いをして歩きたい。この選挙は日本の将来の分岐点になると思うので、何としても国民の命と暮らしを守る視点に立った、真の国民サイドの政権を打ち立てたい」と述べ、脱原発などで一致する勢力で過半数を獲得し、新たな政権の樹立を目指す考えを示しました。
さらに小沢氏は、「自民党の安倍総裁、日本維新の会の石原代表や橋下代表代行、それに民主党の幹部の話を聞くと、戦前の大政翼賛会を志向している感じがする。石原氏に至っては核武装の話までしており、このまま放っておくと、次の政権は危険な偏った政権になる。これを阻止するためには、日本未来の党が躍進することが何よりも大事だ」と述べました。

« 都知事選:原発政策アピール合戦 新銀行、五輪で温度差 | トップページ | 北朝鮮ミサイル予告、中国の再三の説得実らず »

「国内情勢」カテゴリの記事