無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 危機感強める共・社=新党乱立で埋没気味【12衆院選】 | トップページ | 「自衛隊、れっきとした軍隊」 石破・自民幹事長 »

2012年11月25日 (日)

交戦規定を整備=国防軍保持で-自民・安倍総裁

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012112500095
交戦規定を整備=国防軍保持で-自民・安倍総裁

 自民党の安倍晋三総裁は25日のテレビ朝日の番組で、同党が衆院選公約に盛り込んだ憲法への「国防軍」明記に関し、「(自衛隊を)軍として認め、そのための組織もつくる。海外と交戦するときは、交戦規定にのっとって行動する。シビリアンコントロール(文民統制)も明示する」と述べ、国防軍を保持する場合、交戦規定を法的に整備する考えを表明した。
 安倍氏は、自衛隊の存在について「憲法9条の1項と2項を読めば軍を持てないとなってくる。しかし、こんな詭弁(きべん)を弄(ろう)することはやめるべきだ」と指摘。その上で「捕虜は、軍であればきちんと待遇される。そうでなければただの殺人者だ。軍隊として取り扱ってもらわなければならない」と述べ、自衛隊を憲法上、国防軍として位置付ける必要性を強調した。 
 同党公約では、安全保障強化の観点から、憲法を改正し「国防軍を保持する」と明記。「平和主義は継承しつつ、自衛権の発動を妨げない」としている。また、同党が4月に発表した憲法改正草案は、戦力の不保持や交戦権の否認を定めた9条2項の表現を削除し、集団的自衛権の行使を可能とする表現に置き換えている。安倍氏の発言はこうした公約や草案の内容を踏まえたものとみられる。(2012/11/25-15:23)

高田註:交戦規定(ROE)、自衛隊では部隊行動基準

« 危機感強める共・社=新党乱立で埋没気味【12衆院選】 | トップページ | 「自衛隊、れっきとした軍隊」 石破・自民幹事長 »

改憲動向」カテゴリの記事