無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 都知事選:自民都連は舛添氏か 民主にも推す動き | トップページ | ダライ・ラマ:参院議員会館で講演 議員135人が出席 »

2012年11月13日 (火)

東国原氏、都知事選見送り?維新が衆院選擁立へ

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121113-OYT1T00240.htm
東国原氏、都知事選見送り?維新が衆院選擁立へ

 新党「日本維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)が、東京都知事選(11月29日告示、12月16日投開票)への出馬を模索している東国原英夫・前宮崎県知事(55)について、次期衆院選で維新の公認候補として擁立する方針を固めたことがわかった。

 出馬する選挙区などは未定。東国原氏側もすでに維新幹部に対し、都知事選出馬を見送る方針を伝えたという。

 一方、東国原氏は12日、維新側からの要請があったことを認めた上で、「今のところは未定。衆院選と都知事選のどちらも可能性がある」として、最終判断は留保しているという。

 東国原氏は橋下代表と親交が深く、昨年の大阪市長選でも橋下代表を支援した。

 一方、石原慎太郎・前都知事の後継指名を受けた猪瀬直樹副知事も橋下代表と親交があり、同党幹事長の松井一郎大阪府知事は、東国原、猪瀬の両氏が都知事選で対決することについて「股裂き状態になる」と難色を示していた。
(2012年11月13日12時34分  読売新聞)

« 都知事選:自民都連は舛添氏か 民主にも推す動き | トップページ | ダライ・ラマ:参院議員会館で講演 議員135人が出席 »

「国内情勢」カテゴリの記事