無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 交戦規定を整備=国防軍保持で-自民・安倍総裁 | トップページ | 党首は嘉田由紀子知事か…生活・脱原発合流協議 »

2012年11月26日 (月)

「自衛隊、れっきとした軍隊」 石破・自民幹事長

自民党を解散するか、幹事長を辞めてから言え!(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/1125/TKY201211250601.html

「自衛隊、れっきとした軍隊」 石破・自民幹事長

■石破茂・自民党幹事長

 (民主党は)国防軍が実にけしからんという話を始めたが、だけど、よく考えてみてください。自衛隊は国際法的には間違いなく、れっきとした軍隊だ。軍隊と警察は何が違うか。国の独立を守るのが軍隊。国民の生命・財産、公の秩序を守るのが警察。明らかに違う組織だ。

 日本国憲法のもとに、あらゆる法秩序は形成されている。どこを読んでも「自衛隊」というものは出てこない。憲法のどこにも、国の独立を守る組織が書いていない国が、本当の独立国家なのかというのが、この問題の本質だ。

 なぜ書いていないか。当たり前だ。憲法ができた時、日本は独立していなかった。

 名称のいかんを問わず、国の独立を守る組織が憲法に書かれるのは当たり前だ。国家として当然のことだ。そのことを、国防軍という名前がけしからんなぞという、言いがかりに近いことを言って、これを争点にしようというのは、健全な考え方では断じてない。(札幌市内の党会合での講演で)

« 交戦規定を整備=国防軍保持で-自民・安倍総裁 | トップページ | 党首は嘉田由紀子知事か…生活・脱原発合流協議 »

改憲動向」カテゴリの記事