無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「暴走老人」石原氏、太陽の党結成…民自に対抗 | トップページ | 小沢鋭仁元環境相:民主離党し維新に合流へ 閣僚経験者初 »

2012年11月13日 (火)

「本当にしゃくにさわる」と米倉経団連会長 TPP問題で経済界から反発相次ぐ

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121113/biz12111316230012-n1.htm

「本当にしゃくにさわる」と米倉経団連会長 TPP問題で経済界から反発相次ぐ

 枝野幸男経済産業相が13日閣議後の記者会見で、カンボジアで18日から開かれる東アジアサミットで野田佳彦首相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加を表明するのは難しいとの認識を示したことについて、経済界から強い反発が出ている。

 経団連の米倉弘昌会長は同日、福井市内のホテルで記者団に対し「本当にしゃくにさわる」と不快感を表明。アサヒグループホールディングスの荻田伍会長は「せっかく気運が盛り上がっているのに」と不満を隠さず、三菱商事の小島順彦会長も「タイミングを逸しない方がいい」と語気を強めた。

 三井住友フィナンシャルグループの奥正之会長は民主党内にTPP参加に対する慎重論があることから「党内配慮ではないか」と推察。JR東日本の大塚陸毅相談役は「参加の意思表示をすることが肝心だ。まず参加してから主張すればいい」と指摘し、三菱重工の大宮英明社長も「手足を縛られるわけでない。早く言った方がいい」と同調した。

 TPPへの参加表明について枝野経産相は「関係国との協議や国内の調整がいろいろある」と述べ、少なくとも数日、数週間単位で何か新たな判断ができるような状況ではない」と語っていた。

« 「暴走老人」石原氏、太陽の党結成…民自に対抗 | トップページ | 小沢鋭仁元環境相:民主離党し維新に合流へ 閣僚経験者初 »

「国内情勢」カテゴリの記事