無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 核保有の筋立てを=石原維新代表 | トップページ | 自民 衆院選の政権公約案の全容判明 »

2012年11月20日 (火)

日米首脳会談要旨

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2012112000664
日米首脳会談要旨

 【プノンペン時事】野田佳彦首相とオバマ米大統領が20日(日本時間同)行った首脳会談の要旨は次の通り。
 【日米同盟】
 両首脳 日米同盟の深化、在日米軍再編計画の実行を確認。
 大統領 日米同盟は地域の繁栄と安全保障の基礎だ。4月に首相がワシントンを訪問し、日米共同声明を発表した。同盟を強化する内容だ。
 首相 米国がアジア太平洋を重視する政策を取っていることを歓迎する。互いの政策が相乗効果を出せるようにしたい。(在日米軍再編では)沖縄県民の理解を得ることが必要だ。残念ながら最近、短期間に米軍人による事件が起こっている。綱紀粛正と再発防止をお願いする。
 【中国】
 首相 尖閣諸島をめぐる問題が起きているが、大局観を持って冷静に対応し、緊張緩和のための協議を継続していく。南シナ海問題はアジア太平洋地域の平和と安定に直結する国際社会共通の関心事項だ。国際法の順守が重要だ。
 【環太平洋連携協定(TPP)】
 両首脳 日米間の貿易投資関係の強化、アジア太平洋地域の経済統合に取り組むことを改めて確認。
 大統領 貿易投資、雇用の問題について効果的に協力し合うことは必要だ。
 首相 TPP交渉参加に向けて(関係国と)協議することを決定した当時と決意は変わらない。日米間の課題を乗り越えるべく、協議を加速させよう。
(2012/11/20-16:15)

« 核保有の筋立てを=石原維新代表 | トップページ | 自民 衆院選の政権公約案の全容判明 »

日米関係」カテゴリの記事