無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「自衛隊は軍隊」持論の首相、「国防軍」を批判 | トップページ | 外交安保・原発で違い鮮明=民主・自民の公約比較【公約比較】 »

2012年11月27日 (火)

「日本未来の党」結成表明=嘉田滋賀知事―生活、解党し合流へ【12衆院選】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000105-jij-pol

「日本未来の党」結成表明=嘉田滋賀知事―生活、解党し合流へ【12衆院選】

時事通信 11月27日(火)15時31分配信

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日午後、大津市内で記者会見し、12月16日投開票の衆院選に向け、新党「日本未来の党」結成を表明した。嘉田氏は「卒原発」「脱増税」など六つの結集軸を掲げ、賛同する勢力と連携する方針を明らかにした。これに対し、国民の生活が第一(小沢一郎代表)は解党して合流する方針を決定。「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」共同代表の河村たかし名古屋市長も合流を目指す考えを示した。
 既成政党とは一線を画す「第三極」陣営では、共闘を目指す日本維新の会とみんなの党にきしみが生じる一方、嘉田氏を中心に脱原発を旗印とした勢力の結集が急速に進展。「みどりの風」も合流を検討しており、衆院選の構図に大きな影響を与える可能性もある。
 会見で嘉田氏は「国民の信頼を取り戻し、希望を持てる未来への選択肢となる新しい政治軸を立てる」と訴えた。新党の代表には嘉田氏が、代表代行には橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)のエネルギー政策でのブレーン的な存在だった飯田哲也氏が就く。嘉田氏は知事を続投し、自らは衆院選には出馬しない。 
 一方、生活は27日、小沢氏も出席して党本部で常任幹事会を開き、嘉田氏の示した「卒原発」などの結集軸について協議。「政策面では全く一緒だ」(幹部)として未来への合流を決めた。
 河村市長も同日の記者会見で「時間もないので嘉田さんたちと一緒に同じ政党名でやっていきたい」と語った。社民党に離党届を出した阿部知子前衆院議員も神奈川県藤沢市で記者会見し、未来への参加を表明した。

« 「自衛隊は軍隊」持論の首相、「国防軍」を批判 | トップページ | 外交安保・原発で違い鮮明=民主・自民の公約比較【公約比較】 »

「国内情勢」カテゴリの記事