無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 産経【私と憲法】(9)政治評論家・筆坂秀世氏 「共産党は一貫した護憲勢力」か | トップページ | 中曽根氏「一刻も早い解散を」=安倍氏、総裁経験者と会談-自民 »

2012年10月 1日 (月)

憲法改正を次期衆院選の争点に…安倍氏、講演で

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120930-OYT1T00628.htm
憲法改正を次期衆院選の争点に…安倍氏、講演で

 自民党の安倍総裁は30日、京都府綾部市で講演し、憲法96条で定められた憲法改正の発議要件について、「たった3分の1を超える国会議員が反対すれば(発議)できないのはおかしい。(発議に反対する)横柄な国会議員は次の選挙で退場してほしい」と述べ、憲法改正の発議要件の緩和を次期衆院選の争点に掲げる意向を示した。
(2012年10月1日08時01分  読売新聞)

http://www.asahi.com/politics/update/0930/TKY201209300130.html
安倍総裁、憲法改正を争点化の考え 次期衆院選

 自民党の安倍晋三総裁は30日、京都府綾部市で講演し、憲法改正について「(改正発議に)反対と思っているような横柄な国会議員には次の選挙で退場してもらいたい」と語り、次期衆院選で憲法改正を争点化する考えを示した。

 安倍氏は、各社世論調査で過半数が憲法改正すべきだと答えていると指摘。憲法96条で発議要件が国会議員の3分の2以上となっていることについて、「たった3分の1ちょっとの国会議員が反対すれば(憲法改正が)できないのはおかしい」と述べ、96条の要件を2分の1に緩和するべきだとの考えを強調した。

 また、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「これを守るには物理的な力、海上保安庁、海上自衛隊。守りをちゃんとしていることを担保する法制度を作っていく」と述べ、中国に対抗するため海保と海自の連携を強める法整備が必要との認識を示した。

« 産経【私と憲法】(9)政治評論家・筆坂秀世氏 「共産党は一貫した護憲勢力」か | トップページ | 中曽根氏「一刻も早い解散を」=安倍氏、総裁経験者と会談-自民 »

改憲動向」カテゴリの記事