無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 慰安婦問題、韓国がまた提起=日本反論で互いに譲らず-国連 | トップページ | 大飯稼働「認めるしかない」滋賀知事が軌道修正 »

2012年10月16日 (火)

アジアの国防費11年で倍に=中国は4倍増

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012101600499
アジアの国防費11年で倍に=中国は4倍増

 【ワシントン時事】米シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)は15日、日中韓とインド、台湾の5カ国・地域の国防費に関する報告書を公表した。それによれば、2011年の5カ国・地域の国防費の総計は2240億ドルに達し、2000年以降の11年間で約2倍になった。中でも中国は4倍増と顕著な伸びを示し、軍備増強に力を入れている実態が浮き彫りになった。
 報告書は中国の国防費について、00年の225億ドルから11年は899億ドルに増えたと指摘。01年にインドを抜いてアジア第2位の国防支出を記録し、05年には日本をしのぎ1位になった。中国の国防費が5カ国・地域の総計に占める割合を見ると、00年が19.9%だったのに対し、11年は40.2%と4割を突破した。 
 一方、日本の11年の国防費は中国に次ぐ582億ドル。インドが370億ドルでこれに続いた。ただ、日本では人件費が45%近くに達し、国防費のうち兵器の研究開発と調達費が占める割合では、他の4カ国・地域の30~35%に対し、18.5%にとどまった。
 報告書では、5カ国・地域や米政府の公表資料を基に、物価上昇率の影響を避けるため、11年を基準年としたドル換算で国防費を算出した。(2012/10/16-14:27)

« 慰安婦問題、韓国がまた提起=日本反論で互いに譲らず-国連 | トップページ | 大飯稼働「認めるしかない」滋賀知事が軌道修正 »

「国際情勢」カテゴリの記事