無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 中国海軍 東シナ海で合同演習へ | トップページ | 原発ゼロ 閣議決定回避 米、外圧批判恐れ口止め »

2012年10月19日 (金)

JA全中・万歳会長:脱原発へ 農業用水で水力発電

http://mainichi.jp/select/news/20121019k0000m020131000c.html

JA全中・万歳会長:脱原発へ 農業用水で水力発電

 脱原発を決議した全国農業協同組合中央会(JA全中)の万歳章(ばんざい・あきら)会長は18日、毎日新聞のインタビューに答え、太陽光発電や小水力発電など再生可能エネルギーの事業化に取り組む考えを明らかにした。JA全中などによると、全国の農村部にある農業用水路の総延長は40万キロあり、原発1基分に当たる100万キロワットの発電が可能。万歳会長は、政府の再生可能エネルギー固定買い取り制度を活用し、電力会社に売電する考えを示した。

 農業用水を利用した小水力発電は、年間を通して安定した発電が可能で、JAグループでは広島県など中国地方を中心に38施設が稼働している実績がある。万歳会長は小水力発電について「まだまだ拡大できると思っている。原発のように後始末ができないエネルギーよりも、代替エネルギーの方向に行くべきだ」と述べ、脱原発への取り組みを強調。「潜在的な資源はあり、農業復権のひとつの力にしたい」と、再生可能エネルギーの可能性に期待を示した。【川口雅浩】

« 中国海軍 東シナ海で合同演習へ | トップページ | 原発ゼロ 閣議決定回避 米、外圧批判恐れ口止め »

原発情勢関連」カテゴリの記事