無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米共同統合演習:全面非公開に…中国に配慮か | トップページ | 【都知事選】投票所1900カ所の大規模選挙 選挙費用は50億円に »

2012年10月31日 (水)

日米、宇宙で対中監視 中国、衛星機能妨害装置も開発? 

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121031/plc12103108150003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121031/plc12103108150003-n2.htm

日米、宇宙で対中監視 中国、衛星機能妨害装置も開発? 
2012.10.31 08:13 (1/2ページ)[宇宙]

 日米両政府が役割分担し宇宙監視を強化することが30日、分かった。日本側は弾道ミサイル探知用の地上レーダー「FPS-5」を、人工衛星や衛星軌道上を漂う宇宙ごみ(スペースデブリ)の発見・識別に活用する方針で、北東アジアでの監視を担う。宇宙空間では、中国が衛星利用測位システム(GPS)に基づく精密誘導兵器を駆使する空母戦闘群の運用を念頭に、米国の優位性を脅かそうとしており、今回の監視強化プランは対中シフトの一環だ。

 宇宙監視分野では米国が先行している。米戦略軍司令部の統合宇宙運用センターが光学望遠鏡とレーダーの地上システムで衛星や宇宙ごみを観測。一昨年9月には宇宙ごみを監視する衛星の初号機も打ち上げた。

 日本では財団法人「日本宇宙フォーラム」が岡山県の井原市と鏡野町で光学望遠鏡とレーダーを使い常時監視している。ただ、まだ運用開始から10年前後で、世界15カ所以上に観測地点を設ける米国の情報に依存しているのが実情だ。
日米両政府は今年に入り、外務・防衛当局の審議官級協議を通じ、宇宙の安定利用の重要性で一致している。パネッタ米国防長官も9月の日米防衛相会談後の記者会見で、宇宙で「協力深化の作業を進めている」と述べた。

 その作業を具体化し、日米の「片務性」も改善する最初の措置が、航空自衛隊が運用するFPS-5レーダーの活用だ。平成21年4月の北朝鮮による弾道ミサイル発射に際し、同レーダーが衛星の航跡を偶然捕捉したことに着目した。

 防衛省は25年度予算案概算要求に同レーダーの「運用研究」費として1億円を計上。数年をかけ、衛星や宇宙ごみを発見・識別できるよう技術的な検証を行い、実用化のメドが立ち次第、監視任務に投入する。

 中国は19年1月の衛星破壊実験で約3千個の宇宙ごみを発生させており、宇宙ごみの衝突などで米国の衛星の運用が妨げられる恐れがある。レーザー光線で衛星の機能を妨害する装置を開発しているとの指摘もあり、宇宙監視網の強化は急務となっている。

« 日米共同統合演習:全面非公開に…中国に配慮か | トップページ | 【都知事選】投票所1900カ所の大規模選挙 選挙費用は50億円に »

「国際情勢」カテゴリの記事